信頼と実績を誇るエムスタイルでマイホームを建てよう

男性

住みやすさで選ばれる

部屋

安定した地価

枚方市は、大阪と京都のちょうど中間に位置し、ベッドタウンとして有名です。枚方市西部には京阪本線、東部にはJR学研都市線が走り、大阪都心部へのアクセスが非常に良く、また、高槻市や門真市、茨木市等の周辺都市にはバス網が敷かれ、交通の利便性が特に高い地域です。また、枚方市には高校や大学等の教育施設が多く、学園都市としても知られています。さらに生活施設の充実したニュータウンや住宅地が多数あり、住環境の良さで注目を集めています。住みやすさが魅力の枚方市に住宅を求める人は多く、市の人口は大阪市や堺市、東大阪市に続いて大阪府内で4番目となっています。不動産人気が高く、住宅持ち家率はおよそ66%を占め、そのうち76%が一戸建てです。不動産をエリアごとにみると、西部京阪沿線地域と東部学研都市線地域に分けられます。西部京阪沿線は早くから住宅開発が進んだ地域で、駅ごとに商業施設や生活施設が整っている活気ある住宅地が広がっています。現在もこの地域の不動産人気は高く、そのため地価は枚方市内でもやや高めとなっています。ただし急激な地価上昇はなく、比較的安定した価格を維持しています。一方東部JR学研都市線沿線は、西部京阪沿線のような大規模な住宅開発はあまりなく、中小規模の住宅地が多い地域です。以前はやや交通の便に不安があると言われていましたが、今ではJR線の本数も増え大阪都心へのアクセスが非常に良くなったことから、今後の不動産動向が注目されています。また、京阪沿線より地価が安く、不動産を手に入れやすいのも特徴です。枚方市の住宅需要は高く、そのため不動産取引も比較的活発と言われています。しかしよりよい条件の不動産を手に入れるには、不動産会社および専門家の情報を常にキャッチすることが必要です。そのためには、不動産会社が発信する情報やネットの住宅情報サイトで動向を掴んでおくことが求められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加